最近のコメント

2021年2月26日 (金)

データでみるご当地の食文化 品目編その3

データでみるご当地の食文化第6弾は品目編その3!
家計調査の項目に沿って,品目ごとに都市を縦断して眺めてみることとします.
ここでは食の地域性,例えば東日本ではこの食べ物が好まれているとか,日本海側ではこの食べ物があまり食べられていないか,といったように日本の食文化の一端を家計調査の結果から明らかにしていきます.
品目編その3では,油脂・調味料,菓子類,調理食品,飲料・酒類,外食の食文化を探ります.

Gotochi6

毎年,家計調査の結果が出ると,今年はどこの都市が○○で日本一になったのか,と報じられます.代表的なものとして,餃子日本一は宇都宮か浜松か?がありますね.でも,マスコミが報じるものは時として表面的なものが少なくありません.本書は,家計調査の結果をもう少し長い期間にわたって調べ上げ,それぞれの都市に根付いた本当の意味でのご当地の食文化を具体的に明らかにします.
食のグローバル化が進む一方で,地域にしっかりと根を張った食文化は脈々と引き継がれています.本シリーズでは,全国52都市の個性的な食文化を,家計調査の食べ物に関する品目すべてから解き明かします.

 

データでみるご当地の食文化 品目編その2

データでみるご当地の食文化第5弾は品目編その2!
家計調査の項目に沿って,品目ごとに都市を縦断して眺めてみることとします.
ここでは食の地域性,例えば東日本ではこの食べ物が好まれているとか,日本海側ではこの食べ物があまり食べられていないか,といったように日本の食文化の一端を家計調査の結果から明らかにしていきます.
品目編その2では,乳卵類,生鮮野菜,乾物・海藻等,果物の食文化を探ります.

Gotochi5

毎年,家計調査の結果が出ると,今年はどこの都市が○○で日本一になったのか,と報じられます.代表的なものとして,餃子日本一は宇都宮か浜松か?がありますね.でも,マスコミが報じるものは時として表面的なものが少なくありません.本書は,家計調査の結果をもう少し長い期間にわたって調べ上げ,それぞれの都市に根付いた本当の意味でのご当地の食文化を具体的に明らかにします.
食のグローバル化が進む一方で,地域にしっかりと根を張った食文化は脈々と引き継がれています.本シリーズでは,全国52都市の個性的な食文化を,家計調査の食べ物に関する品目すべてから解き明かします.

 

データでみるご当地の食文化 品目編その1

データでみるご当地の食文化第4弾は品目編その1!
第4弾からは,これまでの都市別に代わって,家計調査の項目に沿って,品目ごとに都市を縦断して眺めてみることとします.
ここでは食の地域性,例えば東日本ではこの食べ物が好まれているとか,日本海側ではこの食べ物があまり食べられていないか,といったように日本の食文化の一端を家計調査の結果から明らかにしていきます.
品目編その1では,穀類,魚介類,肉類の食文化を探ります.

Gotochi4

 

毎年,家計調査の結果が出ると,今年はどこの都市が○○で日本一になったのか,と報じられます.代表的なものとして,餃子日本一は宇都宮か浜松か?がありますね.でも,マスコミが報じるものは時として表面的なものが少なくありません.本書は,家計調査の結果をもう少し長い期間にわたって調べ上げ,それぞれの都市に根付いた本当の意味でのご当地の食文化を具体的に明らかにします.
食のグローバル化が進む一方で,地域にしっかりと根を張った食文化は脈々と引き継がれています.本シリーズでは,全国52都市の個性的な食文化を,家計調査の食べ物に関する品目すべてから解き明かします.

 

データでみるご当地の食文化 西日本編

データでみるご当地の食文化第3弾は西日本!
鳥取市から那覇市までを対象に,ご当地の食文化の特徴を家計調査の結果をもとに明らかにしていきます.

Gotochi3

毎年,家計調査の結果が出ると,今年はどこの都市が○○で日本一になったのか,と報じられます.代表的なものとして,餃子日本一は宇都宮か浜松か?がありますね.でも,マスコミが報じるものは時として表面的なものが少なくありません.本書は,家計調査の結果をもう少し長い期間にわたって調べ上げ,それぞれの都市に根付いた本当の意味でのご当地の食文化を具体的に明らかにします.
食のグローバル化が進む一方で,地域にしっかりと根を張った食文化は脈々と引き継がれています.本シリーズでは,全国52都市の個性的な食文化を,家計調査の食べ物に関する品目すべてから解き明かします.

 

データでみるご当地の食文化 中日本編

データでみるご当地の食文化第2弾は中日本!
新潟市から和歌山市までを対象に,ご当地の食文化の特徴を家計調査の結果をもとに明らかにしていきます.第2弾では,各地のご当地グルメの写真も盛りだくさんです♪

Gotochi2

 

毎年,家計調査の結果が出ると,今年はどこの都市が○○で日本一になったのか,と報じられます.代表的なものとして,餃子日本一は宇都宮か浜松か?がありますね.でも,マスコミが報じるものは時として表面的なものが少なくありません.本書は,家計調査の結果をもう少し長い期間にわたって調べ上げ,それぞれの都市に根付いた本当の意味でのご当地の食文化を具体的に明らかにします.
食のグローバル化が進む一方で,地域にしっかりと根を張った食文化は脈々と引き継がれています.本シリーズでは,全国52都市の個性的な食文化を,家計調査の食べ物に関する品目すべてから解き明かします.

 

 

2021年2月23日 (火)

データでみるご当地の食文化 東日本編、電子書籍で刊行しました!

Gotochi1 しばらくブログをお休みしておりましたが、実は電子書籍を作成しておりました。

 

ついに2冊目が完成しました!
https://www.amazon.co.jp/dp/B08X4RP67M/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&dchild=1&keywords=%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%81%A7%E3%81%BF%E3%82%8B%E3%81%94%E5%BD%93%E5%9C%B0%E3%81%AE&qid=1614040270&sr=8-1

 

これもまた手作り感満載です(笑)

 

宣伝文をここにも掲載しますね。

 

毎年,家計調査の結果が出ると,今年はどこの都市が○○で日本一になったのか,と報じられます.代表的なものとして,餃子日本一は宇都宮か浜松か?がありますね。でも,マスコミが報じるものは時として表面的なものが少なくありません.本書は,家計調査の結果をもう少し長い期間にわたって調べ上げ,それぞれの都市に根付いた本当の意味でのご当地の食文化を具体的に明らかにします.
食のグローバル化が進む一方で,地域にしっかりと根を張った食文化は脈々と引き継がれています.全国52都市の個性的な食文化を,家計調査の食べ物に関する品目すべてから解き明かします。
なお,本シリーズは,東日本,中日本,西日本とエリアによって3冊に分け,また,品目ごとに3冊に分け,さらに番外編を付け加えた7分冊を予定しています.なお,本書はデータでみるシリーズ(第1作はデータでみる日本の温泉:市町村別調査の結果から)の第2作目で,その中のサブシリーズである「データでみるご当地の食文化」としては第1作目となります.

 

2021年2月 5日 (金)

コロナが家計に与えた影響(食以外)

食以外ではさらに明暗がくっきりと出ています。

 

最も伸び率が高かったのは保健用消耗品という項目、
9,406円→17,036円と81.1%も伸びています。

 

次がゲーム機、額は少ないですが、
980円→1,548円と58.8%増、
ゲームソフト等が
1,508円→2,252円と49.3%増
ちなみにパソコンも9,503円→12,874円と35.5%増です。
まさに巣ごもり商品ですね。

 

ところで、保健用消耗品が伸びている理由はここにマスクが含まれているからです。

 

落ち込みが激しいのがやはり、
旅行で109,876円→39,020円と―64.5%、
特に外国パック旅行費は-86.5%、航空運賃はー76.4%と壊滅的なダメージです。

 

他にも交通が73,217円→37,502円と―48.8%、
被服及び履物が135,677円→110,097円と―18.9%、
スポーツが36,125円→29,242円とー19.1%(特にスポーツ観覧料は-61.6%)と
厳しい状況です。

 

これ以外でも、
映画・演劇等入場料が7,026円→2,619円とー62.7%、
背広服が4,716円→2,893円とー38.7%、
口紅が1,062円→687円とー35.3%、
やっぱりそうか、ということが家計調査の比較からわかりますね。

 

出典:総務省「家計調査」

 

 

コロナが家計に与えた影響(総論・食)

家計調査の結果を深堀してコロナが家計に与えた影響を全国の状況について探ります。
ここでは2人以上の世帯に関して、2019年と2020年の比較(支出金額)を行いました。

 

まず、1世帯あたりの1年間の消費支出は3,335,114円、前年に比べると185,433円(―5.3%)減っています。この中でも旅行、娯楽、外食などからなる選択的支出が―11.2%と落ち込みが大きくなっています。

 

食料に関してはそうはいっても食べなければ生きていけないわけで、-0.3%とほとんど変わっていません。

 

明暗がくっきりと出ているのが酒類と飲酒代、つまり家で飲むお酒と外で飲むお酒にかける金額です。
酒類は40,721円(2019年)→46,276円(2020年)と13.6%増に対して、
飲酒代は19,892円→9,405円と―52.7%、半分以上減っています。
このうち、家飲みに関しては、
ウィスキーが1,738円→2,374円と36.6%増、
チューハイ・カクテルが3,548円→4,701円と32.5%増と伸びが高くなっています。
金額はトータルでは減っていますが、アルコール摂取量はむしろ増えていそうですね。

 

外食もやはり大幅な落ち込みです。
176,917円→129,726円と―26.7%、唯一プラスになっている細目がハンバーガー(11.5%増)です。

 

一方、麺類は軒並み伸びています。全体でも16.3%増で、
パスタが1,170円→1,476円と26.2%増、
中華麺が3,904円→4,731円と21.2%増、
即席麺が1,842円→2,231円と21.2%増になっています。

 

魚介類は4.7%増ですが、肉類は10.9%増、生鮮野菜も10.4%増と堅調です。
いわゆる調理食品(持ち帰り総菜など)では、
うなぎのかば焼きが2,114円→2,686円と27.1%伸びています。
巣ごもりの中でもたまには贅沢はよくわかりますね。
冷凍調理食品も7,817円→8,787円と12.4%増です。

 

飲料では、炭酸飲料が5,710円→6,649円と16.4%増になっています

 

次回は食以外を深堀します。

 

出典:総務省「家計調査」

 

 

2020年の家計調査、餃子日本一は浜松市が返り咲き

家計調査の結果が公表されました。毎年話題になる餃子の購入額(持ち帰り)。
2020年は浜松市が3,765円で宇都宮市を抜いて1位。宇都宮市が3,694円で2位、3位は宮崎市が3,669円。餃子3兄弟ですね。この程度の差は誤差の範囲内となりますが、いずれにしても毎年盛り上がっていますね。

 

実際は総務省が別途公表しているように、3か年平均など、もう少しロングスパンでみるのがより望ましいと思います。ここでは2人以上の世帯のデータで比べます。

 

ちなみに2010年までは15年連続で宇都宮市が1位でしたが、東日本大震災の影響もあって、2011年は浜松市がはじめて1位となりました。
その後は、
2012年:浜松市
2013年:宇都宮市
2014年:浜松市
2015年:浜松市
2016年:浜松市
2017年:宇都宮市
2018年:浜松市
2019年:宇都宮市
2020年:浜松市
となります。

 

総務省が現時点で公表している最新の3か年平均(2017年―2019年)のデータを偏差値化したのがこちらです。宇都宮市が偏差値93.45、浜松市が83.42ですから、いかに両市がとびぬけているのかよくわかりますね。

ダウンロード - book1.xlsx

そして、この餃子ツートップに昨年猛追したのが宮崎市、というわけです。

 

なお、昼のNHKで放送されていましたが、番組で使っていたデータは月ごとの積み上げで、端数を処理した正確な年計(総務省の発表)とは1円ずれがありました。

 

出典:総務省「家計調査」

 

 

2021年1月30日 (土)

11都府県に大学が6割

こんな見出しが出るとちょっと気になりますね。
https://news.yahoo.co.jp/articles/965446af5ea1deab244d5bbb2be2832db41b733a

 

前回、示したように11/47からすれば6割は大きいですし、一方、人口で考えると56%、6割は記事を読めばわかるように、58%を四捨五入したもので、あまり変わらないという感想をもつかもしれません。

 

ここはやはり志願者などで考えるといいのでしょうが、延べになってしまいますし、私立大学の地方試験会場ということもありますからデータの捕捉は難しくなります。

 

あくまで大学数ですから、規模の大小は考慮されません。ということで学校基本調査を調べてみました。2020年5月1日現在、つまり今年度の入学者に関してです。

 

全国の大学入学者数は635,003人、うち11都府県所在の大学については454,839人、つまり全体の71.6%も占めているのです。

 

受験生を心配させるつもりは毛頭ありませんが、いかに大学が大都市部に密に置かれているかがここからもうかがえますね。地方への分散やサテライトキャンパス、オンラインキャンパスなどいろいろな策が必要になってくると思います。

 

出典
文部科学省「学校基本調査」

 

«緊急事態宣言の11都府県について

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
無料ブログはココログ